子供に持病

貯金をするより学資保険の方が良いのか

元々、学資保険を考えるのがどうしてかというと、お金の問題です。
今は経済的に厳しい時代です。
共働きも当たり前です。

それを考えると、子供の教育費が一気に必要になった時にそれをまとめて払うのは、結構厳しいのが現状です。
何万円ではありません、中学でも何十万円、大学なんかになると下手したら何百万円とかかります。
しかも今は大学進学が普通です。

大学院、研究生になる人もいくらでもいます。
ですから、そういった時に学資保険に入っていれば、助かるわけです。
子供が0歳の時から学資保険に加入し、毎月保険料を払い、教育費が必要になる時に、お金を受け取ることができるわけです。

ここで考えられるのが、では自分で貯金すればいいのではというものです。
まったくそのとおりです。
自分で貯金できる方であれば学資保険は必要ありません。

注目するべきは返戻率です。
これがどういったものかというと、払った保険料のどれくらいが実際に返ってくるかというものです。
これにより、変わってきます。

貯蓄は当然、使わなければ丸っと戻ってきます。
しかし、学資保険でも返戻率がいいものは100%戻ってきます。
つまり、払った額は確実に受け取ることができるというわけです。
ですから自分の都合に合わせて決めることができます。

このページの先頭へ