子供に持病

学資保険は月々いくらぐらいかかるもの?

学資保険の保険料は調整がききます。
例えば、家庭がそこまで余裕がないときは、貯蓄型の学資保険を提供している保険会社を選ぶことができます。
学資保険は二種類に分かれます。

一つが、貯蓄型、一つが保障内容型です。
保険料は当然、保証内容によって変わってきます。
ここで注目したいのがこの保証内容をどこまで充実させるかという点です。

なぜなら普通は生命保険に加入しています。
そして学資保険も生命保険の一種ですので、生命保険に加入していれば、同じような保険内容になります。
ですから無理に保険内容を充実させる必要がないのです。

もし貯蓄型を選ぶのであれば、毎月に5000円ほどの保険料で済みます。
貯蓄型は毎月保険料として支払うわけですが、入学金など、教育費でまとまったお金が必要な時にそれを受け取ることができます。
貯蓄型で変戻率が100%を超える保険会社であれば、自分が払った保険料は100%戻ってきます。

ですから本当に貯金しているのと変わりません。
しかも最低限の保障も付くので安心です。
保障を充実させようとしたり、加入の時期が遅かったりすると、保険料はそれに合わせて高くなります。
2万円弱ほどになるものもあります。
家庭の懐事情に合わせて選ぶことができます。

このページの先頭へ