子供に持病

学資保険を途中で解約すると手数料がかかってしまうもの?

学資保険に入る事はのちのちの自分にとってプラスになります。
しかし、環境は変わります。
例えばですが、経済的に少し苦しくなったり、考えたくもないことですが、離婚してしまったりです。

そうなると、引き続き学資保険のお金を払い続けるのは簡単なことではありません。
そこで、考えることができるのが学資保険の解約です。
まず解約にあたり必要になるのが、契約者のサインです。

基本的に契約者しか解約できないのでそのことを覚えておきましょう。
また次に心配になるのが、途中で解約するときに、違約金や手数料がかかってしまうかという点です。
これに関しては心配する必要がありません。

なぜなら積み立てみたいなものですので、もし解約してもお金は返ってきます。
しかし、覚えておきたいのは全額が返ってくるわけではありません。
ですから、途中で解約するよりは、保険料の支払いを少しの期間だけ待ってもらう方が良い場合もあります。

保険会社も話せばわかってくれます。
すぐに解約というわけではなく、何ヶ月、もしくは何年間は「保留」とすることができます。
子供に一番いいのはやはり加入を続けて、子供のために教育費を準備することです。
きちんと事情を説明すれば保険会社は待ってくれるので、解約は最終手段にできます。

このページの先頭へ