子供に持病

学資保険の種類と保障内容

学資保険を加入する際によく考えたいのが、まずどういう目的で学資保険に加入するかという点です。
学資保険の種類は大きく分けると、二つに分類することができます。
一つ目は貯蓄型です。

貯蓄型とはその名のとおり、目的が教育費の上手なやりくりのためだけに加入するというものです。
学資保険は子供が生まれた時から一定の金額を毎月取り分けておくことで、子供が入学金などでお金が急に必要になった時に、保険会社からお金を受け取るという仕組みです。
ですから、貯蓄型のものは本当に貯金と大差ありません。

この場合は保障内容は最低限のものだけがつき、毎月支払う保険料も安いです。
もう一つが保障充実型です。
これに関しては、学資保険も生命保険ですので、保障内容を充実させようと思えばいくらでもできます。

友達をケガさせてしまった、登下校中にケガをしてしまった、そんな時も保障内容さえ充実させれば、問題なく適用されます。
しかし当然ですが、その分、毎月支払う保険料はぐっと上がります。
ですから、自分の子供の場合はどこまで保障が必要か、もしくは生命保険の保障内容はどうなっているかを先に確認してから、学資保険の内容を選ぶことができます。
もしかぶっていたらそれだけお金がもったいないです。

このページの先頭へ