子供に持病

小学校入学と共に学資保険へ加入するのは遅い?

子供のために、学資保険に加入したいと考えていても、実際に子供が生まれるとすごくバタバタして、なかなかゆっくり学資保険について考える時間がありません。
それで気がついたら子供が入学する歳になっていた、これは実際にありえることです。
ですから、保険会社によって加入できる年齢の制限が異なりますが、大体が7歳となっています。

どうしてかというと、親の年齢が上がってしまうと、病気になったり、健康面で影響が出てしまうことがあるからです。
その分、保険料が少しだけですが、上がってしまいます。
そこで、考えることができるのが、やはり、生まれた時に加入することです。

今の保険会社は本当に融通が利くようになっています。
どういうことかというと、結局子供が生まれてからだと、時間を取るのがなかなか難しいわけです。
それならば生まれる前に考えればいいということで、なんと妊娠5ヶ月くらいで学資保険に加入することができます。

加入する時期が早ければ早いだけ毎月に支払う保険料の金額が少なくて済みます。
負担が減るわけです。
これも当然です。
満期の受け取りの時から逆算するわけですので、必然的に早ければ早いほど保険料は安くて済むのです。
入学時ではなく、出来るだけ早い時期に入るのが得策です。

このページの先頭へ