子供に持病

学資保険は子供が何歳から加入するもの?

学資保険は子供が何歳の時に入らないといけないという決まりがあるのでしょうか。
保険会社にもよりますが、大体が一年生までとなっています。
つまり、7歳です。

まず学資保険の仕組みを理解することが大切です。
どういうことかというと、学資保険は子供が生まれてすぐに加入し、将来かかる教育費を分割して貯蓄するのが学資保険です。
では、単純に考えて子供が大きくなってから加入すればその分、毎月の保険料は高くなります。

更に親の歳も保険料に関わってきます。
親の年齢が高ければそれだけ保険料が上がります。
ですから子供が小さい時に加入すればそれだけ毎月払う保険料はお得になるのです。

親も若いので病気や他の心配をされることがありません。
それにより保険料も安くて済みます。
実際に保険会社によっては、子供が生まれる前からつまりお腹にいるあいだから、もう払い始めることができるところもあります。

子供が生まれる前にきちんと配偶者と話し合って、どういった学資保険に入るかを決めておくなら、生まれる前、生まれてすぐに加入することができます。
おそらく生まれてすぐは忙しくなるので、その前に加入しておくのが賢明です。
自分のためにも先に伸ばさずに、すぐに考えるべきです。

このページの先頭へ