子供に持病

学資保険は子供の名前で加入するもの?

保険に関しては保険契約者と被保険者の二つになります。
とりわけ、保険に入るのが自分の家族で成人していない場合は被保険者に該当します。
要するに、保険内容が適用される側、つまり学資保険でいうと子供にあたります。

そして、保険を契約する人を保険契約者といいます。
学資保険の場合はそれが親の名前となります。
ですから、基本的に契約するのが親ですので、当然名前は親の名義となります。

ここで、気をつけたいのが、名義です。
保険に関しては、契約者しか解約できません。
つまり、これは万が一であって欲しくないことなのですが、子供が生まれて二人で頑張って子供のために学資保険を払い続けて来たとします。

しかし、もし離婚してしまうとどうなるかというと、契約者が父親名義になっていて、離婚後、父親が保険を解約するのに全く同意しない場合は、引き続きお金を払い続ける必要があります。
しかも、その話を離婚後に持ち出すのも少し面倒です。
ですから今は母親の名前で契約する人も増えています。

こういったことも事前に考えておくのも悪いことではありません。
子供のことを考えると当然一緒に払い続けていくのがベストです。
ですから、契約者を慎重に選ぶことができます。

このページの先頭へ