子供に持病

より保障の高い学資保険は?

学資保険も生命保険の一つですので、保障を充実させたいと思えばさせることができます。
まず基本的な保障内容としては、もし万が一のことが起こったらというものです。
例えば保険契約者である親の身に何かが起きた。

例えば交通事故、仕事中の事故で、障害を負ってしまって働けない、最悪亡くなってしまった、こういう場合は以後の保険料の支払いは必要ありません。
また、被保険者である子供の身に何かが起きた場合もそうです。
しかも、子供に関しては更に保険内容を充実させることができます。

登校中に事故にあってケガをしてしまった、こんな時も保障内容を充実させれば適用されます。
更には、子供はよく学校で友達となかなか危険な遊びをします。
その遊びが時にはケガをしたり、ケガをさせてしまったりします。

よくあることかもしれませんが、それでも、ケガをさせてしまうと当然、させてしまった側はある程度の責任を負う必要があります。
そこで、学資保険の保障内容を更に充実させれば、このケースにも対応できます。
ケガさせてしまった時に、相手のケガの具合によりですが、お金を受け取ることができます。
入院費、治療費などです。
子供は元気がいいのでしょうがないことですが、保障内容を充実させることでこういったケースも対応できます。

このページの先頭へ