子供に持病

学資保険の必要性は?

大体、子供がいる人の7割が加入している学資保険ですが、本当に自分の子供も加入させる必要があるのでしょうか。
これに関しては、その人のお金の管理の仕方によります。
自分で、お金を管理できるのであれば、無理に学資保険に入る必要もありません。

なぜかというと、学資保険はそもそも、子供が産まれた時に、保険に入る事で、子供が大きくなって教育費が必要になった時にそれを返してもらうという感じのものです。
ですから、もし自分できちんと管理ができるのであれば、子供が生まれる前から、生まれた時に備えて、毎月貯蓄することができます。
定期にして、利率を少し上げておけば、満期になってそれを教育費に充てることができます。

お金に余裕があり、自分で管理できればそう必要ではありません。
保険内容も生命保険に入っていれば、それで充分カバーできます。
特別な内容でもありません。

みんなが入っているからとりあえず入るではなく、本当に自分にとって必要かどうかを冷静に分析することが求められます。
大切なのは人の目ではなく、自分が必要かどうかだからです。
お金にものすごく困っているなら、入る必要はありません。
しかし、お金の管理が昔から苦手であるといった場合は確実に入っておくべきです。

このページの先頭へ