子供に持病

学資保険は具体的に何を保障してくれるの?

子供ができると考えないといけないのが、学資保険に入るかどうかという点です。
実際に学資保険に入ると一体何を保障してくれるのでしょうか。
基本的に学資保険は子供が育つ上でどうしても教育費が必要になります。

それは入学と同時に必要になるものですが、結構な金額が必要になります。
普段からギリギリの生活をしているのに、入学時に何十万円、しかもそれが大学ともなると、何百万円と必要になります。
そんな金額をいきなり払うのは難しいので、子供が産まれた時にすぐに学資保険に入って毎日少しずつ貯めていくことができます。

そして、子供が大きくなって必要になった時にそのお金を使うことができるのです。
では、どんな保障があるかというと、まず、親の身に何かあった時に、例えば事故で亡くなった、もしくは重症を負って働けない、そんなときは、それ以後は保険代を払わなくて済みます。
これもありがたい保障です。

実際に何が起こるかは誰にもわからないからです。
更に、子供の身に何かあった時も保障が効きます。
ですから、そういった点が保障されるので、安心して生活を送ることができます。
万が一を考えての保障になっています。
当然、なにも起こらないに越した事はありませんが、そうもいきません。

このページの先頭へ