子供に持病

学資保険はどの様な時期にどのぐらいのお金が支払われる?

子供の教育費のやりくりのために、自分で貯金するのではなく、学資保険に加入するとします。
貯金の場合は好きな時にお金を引き出すことができます。
また、定期にしても自分で満期を決めておけばその時にお金を受け取ることができるので、大体自分でコントロールすることができます。

では、学資保険はどうでしょうか。
学資保険は基本的に満期の時期を選ぶことが可能です。
大体は18歳か22歳です。

つまり高校卒業時期、もしくは大学卒業時期です。
満期の時しかお金を受け取ることができないのでしょうか。

そんなことはありません。
自分で払う保険料によって当然受け取れる金額は変わってきます。
それでも受け取る時期に関しては自分で決定できるのも、学資保険の魅力の一つです。

どういうことかというと、お金がかかるのが、中学の入学時と、高校の入学時です。
ですからその時にある程度まとまったお金が欲しいと考えます。
そうすると、自分で、小学校卒業時に20万円、中学卒業時に20万円、そして高校卒業時に100万円で、大学卒業時に満期と設定することができます。
これは保険会社によって異なりますし、自分で決めることもできるのである程度計画を立てておくことが大切です。

このページの先頭へ