子供に持病

どのぐらいの人が学資保険に加入しているの?

今の時代は学資保険に加入するのが当たり前なんて言われています。
しかも周りを見てみると確かに結構な割合で学資保険に加入しています。
ではどのくらいの人が加入しているのでしょうか。

実際には6~7割の人が加入しています。
子供を持つ人の半分以上が加入しているというわけです。
面白いのはそのうちの約半数以上が、もっと早く加入しておけばよかったと答えていることです。

これはつまり、加入の時期が遅れれば遅れるほど毎月支払う保険料が高くなるので、それを避けるための方法ができるだけ早めに保険に加入するということなのです。
遅くなればなるほど、毎月の支払い金額も上がります。
これ故に、もう少し早く加入しておけばと後悔するわけです。

これを防ぐには結婚して子供が出来る前に二人で学資保険に関して真剣に話し合っておくことが大切です。
実際に妊娠して、子供を産んでとしていると、当然ですが忙しいのでゆっくり座って保険料の計算、内容を考えることができません。
ですから、比較的余裕があるうちに、真剣にどうするかを考えておいた方が良いでしょう。
そうすればこの問題は解決できるのです。
約、6~7割が加入している学資保険、自分も必要かどうか、今考えておきましょう。

このページの先頭へ